オーナー丸山が語る巻きたばこの魅力を公開します!

2018-07-30

巻きたばこの魅力

僕も今までコンビニで売っている紙巻きタバコを吸っていましたが、元々パイプタバコをずっと吸っていていましたが、やはり味が美味しいなというのが印象に残っています。そして手巻きタバコを初めて知った時に、おもしろそうだなと思い、はじめてみたのがきっかけです。魅力としてはやっぱり前提として巻く手間ですが、味が全然違うこと、吸った時に紙臭くて頭が痛くなってしまうような普通の紙巻きタバコのようなニオイもしません。フィルターや、紙を個別に選べることや味を選ぶことができるのはもちろん、葉っぱをトッピングさせて好みの味に出来る点などの面白さは、巻きタバコではないと得られない魅力ではないかと思っています。

普通のたばことくらべ、巻く手間の考え方について

元々、手巻きタバコを始めたときに思ったのが、タバコでもお酒でもなんでもやり過ぎってよくないと思っています。それを踏まえれば、どうしても吸わなければいけないものだとは思っていません。その代わり、いつでも吸える状態になっている紙巻タバコより、大事に一本を巻いて吸う一本ていう意味では、手間も踏まえて価値のあるものだと考えています。

どんなシーンで巻きたばこの良さを実感できますか?

例えば、キャンプなんかではゆっくりと時間が過ぎるのを好きなことをしながら楽しむっていうのが醍醐味だと思うんです。炭を買ってきてバーナーで火をつけるんではなくて、薪割りから行うみたいな(笑)そんな手間をかけて起こした焚き火をみながら吸う手巻きタバコは一味違います。後は、ショットバーで、お酒を飲むときは、葉っぱの量を増やしてゆっくり香や味を楽しみながら吸う。もちろん手で巻けるのが前提ですが(笑)是非自分なりの楽しい吸い方をしてもらいたいと思います。

これからも巻きたばこを吸い続けたいですか?

そうですね。パイプタバコも好きなので、これからも続けていきたいと思っています。本当、手巻タバコを吸っていると本数は少し減るかもしれないですね。とにかく無駄吸いではなく、自分が本当にリラックスできるときに、静かで風のないときに巻いて吸ってみてほしいです。