ブライドルレザーベルト

2020-07-27

 

こんにちは(^^♪

今年は梅雨が長い・・・・

最近の短い梅雨に慣れてしまってるから凄ーく長く感じます。

小学校の時とかはやっぱり梅雨は長かったし、毎日こんな雨だったんだよな~

えっと、アメブロから引っ越ししてとりあえず一発目のお客様オーダー品の紹介はベルトです。

ホントのこと言います。

作った日から紹介まで半年ぐらい時間差あります(-_-;)

なので、こちらは年末当たりの注文品です。

毎日ブログ更新すると追いつくと思いますが。。。。

 

 

えっと、ブライドルレザーは皆様知ってますね?

簡単に言うと馬具に使えるような牛革、牛革は基本は水分には弱いのですが、馬の呼吸した時の水分などでも、

大丈夫なように加工された革です。

表面にブルームといわれる白い粉がついてます。

これはブライドルレザーを作る会社によってかなりブルームのある革やそうでないものと色々あります。

ま~革の説明をしだすと僕も勉強中でボロが出るので説明はここまで。

最後に上記のように僕は認識してます(笑)と保険をかけておきます。

ま~そんなブライドルレザーですが、イギリスが有名ですが以前はグレードレザー社のものを仕入れてましたが、取引先が仕入れが出来なくなってしまったとのことで、現在はクレイトン社の革を使ってます。

比べると、クレイトン社の方はブルームは少ないです。

でも、コバなどはこちらのほうが加工しやすい感じがします。

ブライドルレザーは何社も作ってるので縁のある会社のものを仕入れるくらいですが、

とても詳しく説明してる会社があります。

「塩原レザー」

ここは知り合いでも取引経験もないので勝手に宣伝するな~!って怒られても困るのでリンクも張りませんがね。

当店はベルトは三種類用意してます。

・グレージングベンズ

・ハーマンオーク

・ブライドルレザー

この中で80%ぐらいはブライドルレザーの注文です。

なんでか?

僕が好きなのと、ベルトの背中ぐらいの位置のベルトの伸びが少ないからです。

ベルトの真ん中あたり結構伸びてませんか?

あれが、少ないです。

なので勧めます(*^^*)

ベルトって生きてるうちにそんなに買うことないのでどうせ買うなら良いものを、そしてグレージングベンズに比べても少しだけ高くなるくらいですのでね。

 

 

 

ま~紹介はこんな感じです。

さてと、本日は息子の七五三。

昼過ぎに少し中抜けしますが、お店でせっせと作業しま~す(^^♪