革のお勉強1

革財布を長持ちさせる方法

オリジナル手作り雑貨の中で最も魅力的なのが、革財布です。しかし、手作りの革財布はとても繊細で、使用方法を誤ると、寿命が短くなってしまいます。こちらでは、革財布を長持ちさせる方法についてご紹介したいと思います。

革靴と同じ

革財布は、革靴と同じく、メンテナンスがとても重要となってきます。
メンテナンスを頻繁にする事で、革財布の寿命は大幅に変わってくるものです。
メンテナンス方法は、革靴と同じです。
汚れ取りや、色を塗るものなど、用途に合った革財布用のクリームが販売されていますので、専用のクリームを使用したメンテナンスをおすすめいたします。


休憩を与える

革靴と同様、革製品は休憩を与える事が最も大切です。
毎日使用すると、使用した分寿命が短くなってしまいます。
ですから、複数の財布をローテーションで使用する事をおすすめいたします。
できるだけ、2~3カ月に一回は休ませてあげるようにしましょう。


詰め過ぎ注意

財布が壊れるのは、中に物を詰めすぎてしまう事が大きな原因です。
特に革財布の場合は、とても繊細ですので、物が多すぎると、財布に穴があいてしまったりします。また、形が崩れてしまう場合もありますので、財布が対応できる量を入れるように心掛けましょう。頻繁に革財布を確認し、形が崩れそうになったら、中の物を整理するなどをし、常に余裕をもたせてあげるようにしましょう。


濡れた場合

雨や汗などで、革財布が濡れてしまった場合は、ティッシュや柔らかい布などでその都度拭くようにしましょう。
拭くのを怠ると、素材が傷んでしまったり、元の状態に戻らなくなってしまいますので、早めに湿気を取るようにしましょう。
また、雨が降りそうな時に外出する際は、革財布が濡れないように配慮しましょう。

レザークラフトの革素材について

レザークラフトに使用される革素材は、数多く存在します。
革素材によって、革製品に最適な素材もあります。
こちらでは、レザークラフトの革素材についてご紹介していきたいと思います。

革・なめしの基礎知識

皮とは、動物の体を覆っている皮、つまり、加工していない皮の事をいいます。革とは、動物の皮膚を腐敗防止加工した物を革といいます。

腐敗防止には、なめしと呼ばれる物が施されております。
なめしは主に、2種類に分類されます。
1つ目は、植物タンニンを使用した「タンニンなめし」別名、渋なめしといいます。
2つ目は、3価クロムを使用した「クロムなめし」別名、金属なめしといいます。


・タンニンなめし

植物の樹皮、根、葉などから抽出したもので、水分をよく吸い、水分を含むと柔らかくなる性質を持っているのが特徴です。カービングや革細工に最適な革で、代表的なのがヌメ革です。


・クロムなめし

塩基性硫酸クロムを使用したもので、軽い仕上がりと、柔軟性に優れているのが特徴です。レザージャケットやブーツなどに最適な革です。他にも、グローブレザーが代表的な、クロムなめしとタンニンなめしの両方の特徴を持った混合なめしや、なめしの段階で革に大量のオイルを含ませた油なめしなどもあります。


手縫いに向いた革素材

手縫いに向いた革素材は、全体的に柔らかく、薄い革よりも、コシのある厚い革の方が比較的作業がしやすいです。ですが物によっては、柔らかい革素材を使用する事もあります。主に使用されている材料が、サドルレザー、タンロー、ヌメ革、オイルレザー、イタリアンレザーなどです。


・サドルレザー

サドルレザーの特徴は、仕上げ剤を使用していないため、革本来の素材を活かした自然な風合いが魅力です。

・タンロー

タンローは、白く作られており油分も少ないため、水性の染料でも染まりやすく、染色や模様が特徴とした商品には最適です。

革製品の魅力について

私たちの生活において、財布や靴、鞄は欠かせない物です。生活をする上で、これらの物を使っていないという方はあまりいらっしゃらないことでしょう。それだけ多くの方が使用しているのです。その財布や靴、鞄などを「革製品」の物を使用してみませんか。これまで使用したことのない方はご存じないかと思われますが、革製品には多くの魅力があります。では、革製品にはどのような魅力があるのでしょうか?こちらでは、その革製品の魅力についてご紹介をさせて頂きます。

丈夫である

財布や鞄を使用している方はご存知でしょうが、使用している財布や鞄が、布やビニールなどの生地だと破けたりする事があります。どんなにお気に入りの財布や鞄であっても、強度があまり強くないため、破れて使い物にならなくなるのです。しかし、革製品はそのような心配がありません。革製品は非常に丈夫であるため、破れるということは滅多にないのです。丈夫である事は、革製品の大きな魅力と言えるでしょう。


味わいが出る

布やビニール生地の物だと、使えば使うほど汚くなるものです。そのような汚れは見た目にも美しくなく、場合によってはその汚れが落ちないこともあります。しかし革製品は、使えば使うほどに味わいが出て、その良さが増します。また汚れたとしても、革専用のクリーナーがありますので、クリーナーを活用して汚れを落とす事が可能です。革製品は最初、硬くて使いづらいかもしれません。しかし革製品は、年月を重ねる程、味わいを増していきます。その味わいは、あなた自身の「個性」とマッチすることでしょう。ですから一点物の財布や鞄などをお探しの方には、ピッタリの生地と言えるのです。


このように、革製品には多くの魅力があります。

そして当店では、ハンドメイドの革製品を販売しております。
セミオーダーにて注文を承っていますので、手作りのプレゼントとしては大変喜ばれる贈り物となるでしょう。
メンズ財布やキーケースなどもございますので、旦那さんや彼氏のプレゼントに革製品をお探しなら、どうぞ当店にご相談下さい。

牛革を使いたいギフトについて

当店では様々な革製品をオーダーメイドでご注文いただく事が可能です。中でも牛革は汎用性が高く、様々な製品に応用させていただく事ができるため、ギフトとしても人気があります。こちらではシーン別でおすすめの牛革製品をご紹介したいと思います。

誕生祝い

牛というと十二支の内の一体としてお馴染みのおめでたい動物です。牛の革を使ったレザーアイテムは、誕生祝いとして最適です。また、生まれたばかりのお子様は母子手帳や市役所で行政手続、予防接種などの医療機関に提出する重要書類が様々ございます。その際は、当店のシステム手帳やノートカバーをご利用下さい。収納も抜群でお子様の記録や書類をまとめることが可能です。


就職祝い

牛革を使用したアイテムは革靴やベルトなど様々な場面で登場します。レザーは手入れさえしっかりすれば使うごとに肌に吸い付くように馴染んでくるというメリットがあります。また、人に見られたり、接する機会が多い職業の方にはウォレットや名刺入れなどさりげないおしゃれができるアイテムがおすすめです。レザーは使えば使うほど味が出るので、革のように「味のある社会人」になって欲しいという願いを込めてプレゼントされるのも良いのではないでしょうか。


結婚祝い

オーダーメイドアイテムが最も必要となる機会と言えば結婚祝いです。幸運グッズにもなる財布やウェルカムボードとして日付やメッセージ入りオリジナルレザーボードはいかがでしょうか。おふたりの記念となる結婚証明書や芳名帳等のカバーとしてもオーダー可能です。ご結婚されたお二人と革製品が共に末永いお付き合いができるものとして喜ばれると思います。また、当店ではレザー焼印も可能ですので名入れのオーダーメイドギフトとして製作させていただくことも出来ます。特に名入れギフトがおすすめの結婚祝いにレザーアイテムを贈ると、とてもおしゃれです。また、引き出物やプチギフト等に対応可能な価格帯の商品もございますのでお気軽にご相談ください。当店では他にも様々なギフトにおすすめのレザーアイテムをご購入いただく事が可能です。他にもキーケースやスマートフォン、携帯ケースなど様々なアイテムを取り扱っております。オーダーメイドアイテムをご注文の方も合わせてご覧ください。